鹿児島相互信用金庫にカードローンはあるのか?

鹿児島相互信金画像
鹿児島県鹿児島市には鹿児島相互信用金庫と鹿児島信用金庫という似た名前の金庫が2つあるため、間違えやすくなっています。

ただ、規模的には鹿児島相互信用金庫の方が数段大きくなっています。鹿児島相互信用金庫には5種類のカードローンがあります。

ライフサポート

利用限度額は50万円以上300万円以内に10万円単位で設定できます。

金利は利用限度額が100万円以下では12.0%、100万円超200万円以下では11.0%、200万円超300万円以下では9.5%となっており、借入が100万円以下であれば都市銀行カードローンよりお得感があります。借入はローンカードを使用してATMから行い、約定返済は毎月10日の鹿児島相互信用金庫口座からの引き落としです。

約定返済額は返済日前日の借入残高によって変動するようになっており、借入残高が10万円以下の場合の約定返済額は3千円、10万円超30万円以下では5千円、30万円超50万円以下では1万円、50万円超100万円以下では2万円などとなっています。

VIPカードローンS

利用条件が年収300万円以上であり、且つ、①会社・団体などのオーナーや役員、管理職であるか、②医師や弁護士、公認会計士などの士業の国家資格保有者であるため、一般給与所得者は利用できません。

ただし、鹿児島相互信用金庫と住宅ローンの契約をしている場合は①、②の条件が除外されます。

利用限度額は100万円から500万円の間で50万円単位になっています。なお、年収の倍以上の金額を利用することはできません。金利は利用限度額100万円以上200万円未満が8.0%、200万円以上300万円未満が7.0%、300万円以上400万円未満が6.0%などとなっており、条件が厳しい分一般的なカードローンの金利より低く設定されています。

借入・返済方法は「ライフサポート」と同様であり、約定返済額に関しても「ライフサポート」と同じ金額になっています。

金利がかなり低くなっているので、おまとめローンを検討している人にはおすすめのローンと言えるでしょう。

プチドリーム

女性専用のカードローンであり、パート・アルバイト、専業主婦も利用できます。

貸出限度額は300万円ですが、専業主婦は50万円が上限です。金利は利用限度額50万円以上100万円以下が11.5%、100万円超200万円以下が10.5%、200万円超300万円以下が9.0%となっており、100万円以下の借入については都市銀行のカードローンよりメリットがあります。

借入・返済方法、約定返済額については「ライフサポート」と変わりません。

ちなみに、プチドリームを契約していると、鹿児島相互信用金庫の提携企業が行っている旅行ツアー、カルチャースクール、健康診断などを利用した時に、料金の割引サービスを受けられます。