うるつや唇になる方法

寒い寒い乾燥の2月。
空気の乾燥をはじめ肌も髪の毛もそして唇も乾燥してますね~
空気の乾燥には加湿器などで部屋を潤すことができますよね。
肌もたっぷりのクリームとお手入れでなんとか乾燥を防ぎます。
髪の毛も毎日のバスタイムの時にケアを一緒にしてあげると次の日はしっとり・・・こともあるぐらいですが、ついつい忘れてしまうのが
確かに薬用リップを塗って寝る、というようなケアはしているものの意外に唇はかさつくことが多い。
これってケアが十分ではないのでは?そう自分で思いました。

 

意外に唇って衰えやすいんですって、知ってました?
そして唇はとってもデリケートな部分なんですよ。
粘膜に近い皮膚構造だから皮膚が薄いため保湿力が無いんです。
そして皮脂膜もないし汗腺もない、細胞間脂質もない、なんかないものばかり。
だからこそ唇は潤ったり、守ったりすることができず、そして角質もはがれやすいからこそ唇ってすぐに乾燥して荒れてしまうのです。

 

こんなに唇がデリケートな部分だったとは知らずこのことを知った私は うるつや唇になる方法を勉強しました。
そして試行錯誤の結果、ベストな方法を見つけたのです。
それを今回は紹介しようかな~

 

おうちでできる唇エステとでもいえるかもしれません。
お風呂上りのきれいな唇の状態にするのがベストだと思います。
まずははちみつとワセリンを1:9で混ぜ合わせたものを唇に塗ります。
対比でもわかるようにワセリンが多い方がいいですよ。
そしてこのあとは唇の上からぴったりとラップをするんです。
そのまま待つこと5分。
最後はそのまま唇のツボ押しマッサージ
上下の唇を3つに分けて真ん中から口角に向けてゆっくり押していくのです。
これが唇の血行を促進するので唇の色が鮮やかになるんですよ。
たったこれだけです。
唇のターンオーバーは速いので毎日このケアをすることでうるつや唇が手に入ること間違いなしですよ。
そして乾燥知らずの素敵な唇を手に入れることができますので是非やってみてくださいね。
私のお勧めでーす。

This entry was posted in 美容.

コメントを残す